キッズのための秘密のキックボクシング特訓場

お子様に立ち技格闘技、キックボクシングなどを学ばせているお父さん、お母さんの為のお役立ちブログです!

お子様に格闘技習わせている保護者様のための学びのブログです!

キックボクシングにおけるマクロ戦略とミクロ戦術

こんにちはワンダー\(^o^)/

 

キッズキックボクシングの専門家

 

インストラクターの渡辺です。

 

 

今日はどうしても書きたいことがあったので更新します。

昨夜の練習後の話。

 

 

 

キャリア1年に満たないくらいの20代男子の生徒が

「スパーリング中、 何していいか分からなくなるんですよね~」

と言ってきたので

「それはね 何にも考えないでスパーリングに入るから そうなるんだよ」

と教えてあげました(笑)

 

 

すると彼は 「いやいや そんなことないですよ(焦&笑)

いろいろ考えてます」

「例えば この前キックの試合見てたら解説の人が

" パンチを当てたかったら ローから入って下に意識を向けるってのも大事 "

って言ってたのでそういうのも意識しました」

と言ってきました。

 

 

スパーリングや試合で

「どうしよう?」

「何しよう?」

と考えた時に こういう考え方をしてしまう人は多いと思います。

 

 

確かにこれは 「考えてる」 とは言いますが

フォーカスしているポイントが間違っています。

 

 

基本的に物事はゴールから考えます

要は「どういう風に勝ちたいか?」です。

◎パンチでKOしたいのか?

◎蹴りでKOしたいのか?

◎パンチなら連打で倒すのか

◎それとも一発のカウンターなのか?

◎ストレートなのかフックなのか?

◎ボディなのかアッパーなのか?

 

 

もちろんKOじゃなくてもいいのです。

相手と距離をとりつつ 確実にこちらの攻撃をヒットさせ 3Rなり5R終了後にポイント勝ちをする。

というゴールでもいいのです。

 

 

そして ゴールが決まった時 始めてそこに行き着くまでのストーリーが 出来るはずです。

3分3Rなら9分間の 3分5Rなら15分間の 全体的なストーリーが必要です。

 

 

「下から入って、意識を向けて、パンチにつなげる」

というのは全体のストーリーの数%です。

そこだけで出来ても仕方ありません。

 

 

 

仮に一生懸命新しいコンビネーションを覚えたとして それが決まったらどうするのか?

当たっても倒れなかったら?

そもそも当たらなかったら?

 

 

その先のことを考えてなかったら それは行き当たりバッタリと一緒です。

コンビネーションというのは 試合全体、スパーリング全体でいうと 一瞬一瞬なのです。

 

 

そこだけ決めても仕方ありません。

まずはどういう風に勝ちたいか?

どういう流れでそこまで行くか?

これが戦略であり そこに行き着くまでに使う コンビネーションやテクニックこそ 戦術なのです。

 

 

試合に勝つためには戦術だけではいけません。

戦略があってこそ戦術が活きるのです。

 

 

 

キックボクシングの専門家

インストラクター⭐︎渡辺

 

 

クリックでもらえる無料特典】PDF版

raise.one.2012@gmail.com
↑↑↑ 空メールでもok