キッズのための秘密のキックボクシング特訓場

お子様に立ち技格闘技、キックボクシングなどを学ばせているお父さん、お母さんの為のお役立ちブログです!

お子様に格闘技習わせている保護者様のための学びのブログです!

上手になる試合の観戦法と下手になる試合観戦法

こんにちは またまたお久しブリです。

初心者・キッズキックボクシングの専門家

インストラクターの渡辺です。

 

 

先日、久しぶりに顔を出した生徒が 柄にもなく、

やたら好戦的なスパーをしていて

ドン・フライ vs 高山 戦 みたいになっていました。

 

 

本人は3~階級くらい上のインファイターと

ボロボロになりながらも打ち合い切って 満足気にしていたのですが

僕は「急にどうしたのだろう?」

というハテナマークだけが頭に飛んでいました。

 

 

なぜなら彼は 蝶のように舞うテクニシャンタイプ(あくまでタイプの話)

だったからです。

 

 

帰り際、最近のK-1の話になり

みんなで盛り上がっていると ちょっと前にやっていた

K-1(インファター)選手の話になり

さっきのその子が 「あーあの試合何度も観ました」

「すごかったですよね!」 と興奮して入ってきました。

そこで僕は 「あー、だからか」 と思いました。

その言っている試合が ゴリゴリのインファイトだったからです。

 

 

前置きが長くなりましたら

結局何が言いたいかというと

人間の脳は無意識レベルで物事を吸収する

ということです。

 

 

そこにはメリットもあればデメリットもあります。

本人にとっては良いと思うモノでも

実際は悪影響のモノもあるからです。

 

 

極端にいうと

昔の若者が「ビーバップハイスクール

今の若者が「クローズ」

を見ていると " 不良 " っぽくなるのと一緒です。

本人たちは「カッコイイ」と思っているので

何気なくそういう振る舞いをする様になるのです。

 

 

ですから キックボクシング(あるいは格闘技)

が上手くなりたいなら

試合観戦も全て意識的にしなくてはいけません。

無意識に観戦していると 悪いことも吸収して下手になるからです。

 

 

すごい極端な例ですが

基本的に僕はひとりの選手の試合しか見ません。

僕にとっては超お手本のその選手のスタイルを基に

自分のファイトプランを作っているからです。

 

 

 

それが無意識に他の選手の試合を見てしまうと

変に " 気になった部分 " を吸収してしまい

せっかく仕上げた自分のカラーが濁ります。

 

 

完成したスープに余計な具材を入れたり

味付けを足せば 美味しくなくなったり、

味付けが濃くなるのと一緒です。

要は余計なのです。

 

 

もし、新しい具材を入れたり

味付けを足すなら

基本的には最初から作り直した方がいいです。

 

 

試合は3ラウンドなら9分間

5ラウンドなら15分。

最初から最後まで一貫したストーリーが大事です。

中途半端にいじるなら

最初からバラした方が良いスタイルが出来上がります。

 

 

ですから基本的に試合を見るときは

自分のお手本にしている選手の試合だけを観る方がいいです。

もしくは 「苦手としているタイプ」「これから戦うタイプ」

の試合を攻略する側になって観戦するかです。

 

 

 

どうしても沢山の試合を観たいなら

100%意識レベルで観ることです。

「自分のスタイルの邪魔にならないように」

「自分のスタイルのプラスになるように」

「自分のスタイルを強化させるために」

脳を完全集中させた状態で観るようにしてください。

それならどれだけ試合も観ても、

まったくお手本にならない試合を観ても大丈夫です。

 

 

ただし、

まだスパーリングを始めて間も無い選手や

これからスパーリングを始める初心者の方は

なにも気にせず沢山の試合を見た方がいいです。

 

 

キックの世界にはどういうタイプの選手がいるか?

どんな戦い方があるか?

自分にあったスタイルは何か?

を探す期間が必要だからです。

 

 

そこから ・自分の体格(筋肉の質・手足の長さ) ・

性格 ・好み に合ったスタイルを見つけるのです。

 

 

だいぶ長くなってしまいましたが

これが僕の試合観戦法です。

要は試合を観るのも練習だから

良いモノを観るのは大前提だし

練習の一貫なんだから集中して観ることが大事ってことです。

 

 

それでは本日はこの辺で

初心者・キッズキックボクシングの専門家

インストラクター⭐︎渡辺

 

 

クリックでもらえる無料特典】PDF版

raise.one.2012@gmail.com ↑↑↑ 空メールをok
 
 
キッズキックの専門家はいま何位?