読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッズのための秘密のキックボクシング特訓場

お子様に立ち技格闘技、キックボクシングなどを学ばせているお父さん、お母さんの為のお役立ちブログです!

お子様に格闘技習わせている保護者様のための学びのブログです!

体内から強いキックボクサーになるために ~正しい風邪対応~

お久しブリトニーです

キッズキックボクシングの専門家

インストラクターの渡辺です



また更新に間が空いてしまいましたね

すみません!

その間も

読者の方からは

お問い合わせが来たり、特典のお申込みがあったり

嬉しい限りでした!

中には感想を送ってきて下さった方もいて感激です♬

f:id:hand-to-hand-combat:20150118195157j:plain



今後も見てくださる方の為に頑張って更新していきたいと思います!

応援宜しくお願いいたします♬



さて

今日は、『体内から強いキックボクサーになるために』

というテーマで書いていきたいと思います!



ちょうどタイムリーに今はインフルエンザや風邪の流行る季節ですよね?

皆さん、予防接種は受けましたか?

私はまだ受けておりません^-^;

その分、羅漢しないように予防対策は充分おこなっていきたいと思います!



さて

では万が一、風邪やインフルエンザにかかってしまったらどうしましょうか?

皆さんはどうされてます?

この質問を私の周囲ですると

決まって 『早めの薬(パブロン)』

と答える方が多いです(苦笑)

皆さんはどうでしょう?

けっこう薬飲んじゃってません?

でもソレって本当はとても危険な行為かもしれないって知ってました?



私は健康的に生きていく上で

なるべく薬には頼らない生活がとても大切だと考えています

これはあくまで風邪レベルでのお話です
(お薬を服用しなければならない病気などは別です)



そもそも風邪というのは

『風邪症候群』とい云います

主に、ウイルスに感染したときにおこる

発熱、頭痛、鼻づまり、咳、倦怠感などの状態を総称して

風邪症候群というのです



では、

なぜ風邪にかかった時に薬を飲むのが良くないのでしょうか?

それは身体の仕組みとお薬の特性に関わりがあります

まず

そもそも風邪をひいて、どんな症状が出たら薬を服用し始めますか?

・頭が痛い

・咳が出る

・鼻水が出る

・熱っぽい


こんなとこでしょうか?



では、こういう症状が出たらどんな薬を服用しますか?

頭が痛い → 頭痛薬

咳が出る → 咳止め

鼻づまり → 鼻止め

発熱 → 解熱剤

そしてオマケの抗生物質

といったとこでしょうか?



では、次に聞きます

なぜ風邪をひくとこういう症状が出るのだと思いますか?

皆さんココを考えたことないでしょう?

お子様を持つ親御さんなどはよく考えてみてください!

答えは

体内のウイルスを駆除、排除するためです



風邪をひいた時に

熱が出るのは、ウイルスが熱に弱く、体温を上げなければ死滅しないからです

咳や鼻水を出すのは体内のウイルスを排除しようとしているからです

下痢などの場合は身体にたまった毒素なども排出しようとしてくれます(デトックス効果)



では、こうやって自分の身体が一生懸命ウイルスを駆除しようとしてるのにも関わらず

風邪薬(解熱剤・咳止め・鼻どめ・抗生物質etc...)

などを飲むとどうなるでしょうか?




答えは簡単です!

治ったように感じる状態になるのです

風邪にかかったときに怠く感じるのは体温が上昇していることが原因です

それを解熱剤で下げてあげれば楽にはなります

しかし、体内のウイルスにとっては心地よい温度になるのです

ということは、放っておけば発熱による体温の上昇で死んでくれていたウイルスを

むざむざ活かしておく行為なのです

そして、同様に咳止めや鼻止めを飲めば、

体内でウイルスを繁殖させる、という行為になるのです



ですが、薬の服用が癖になってしまっている人は

ウイルスが死ぬまで薬で症状を抑え続けて

身体を騙しているに過ぎないのです



でも、それで楽に治るならいいんじゃね?

ってお思いの方

大甘ですねw

そもそも病院で処方される風邪薬や市販薬では

ウイルスは退治できません


ウイルスは熱で死ぬものだし、解熱剤でも死にません

という事は、症状は治まっているように見えて

体内では重症化が進んでるかもしれないってことなのです

よく風邪をこじらせてウイルスが肺にまで炎症を起こし

肺炎まで併発させてしまうケースがありますが

こういった誤った処置にも一因があると思います



ちなみに抗生物質があるじゃん!

と思っている方

残念です

そもそも抗生物質というのは細菌(溶連菌など)にしか効きません

そして風邪の原因は、一部を除いてほとんどがウイルスにより引き起こされます


これらは似て非なるものです

よって抗生物質を飲んでも風邪は治らないのです

但し、風邪をこじらせて

ウイルスが肺に炎症を起こした時に、

そこに細菌が感染してより重症化しないように処方されるのです



ただし、抗生物質も飲みすぎには注意が必要です

細菌は耐性がつきやすいので、あまり普段から飲んでばかりいると

いざという時に効かなくなってしまうのです



また、これは解熱剤にも云えることで

発熱したときに解熱剤を飲む癖をつけていると

本来あるべき、体温を上げるという機能を邪魔しているため

ウイルスが侵入しても熱が出にくくなるばかりか

平均体温が低くなってしまう
のです

ちなみに平均体温が低いと痩せにくなどのデメリットが沢山あるのですが

一番は、風邪をひきやすい、治りにくい、ガン細胞を滅せなくなる

ということが大きいのではないでしょうか?



最後に

じゃあ風邪をひいた時にはどうしたらいいの?

というところで

①安静

②暖かくする(汗を沢山かくこと)
※頭寒足熱

③水分をたくさん摂る


これで充分です

健康的な方ならこれで充分治るのです

普段から薬に頼る生活になってしまっているから

これでは長引く、、、

と思ってしまってるかもしれませんが

人間の身体は本来とても強いモノですし

とても優れた機能を持っていきます

安易に薬に頼るという事は

これらを弱体化させたりする行為にもなると思います

ですから、

風邪をひいた時には安易に薬には頼らず

自分の自己治癒能力に任せる!

という事も大切なのです

(ちなみに不安な方は診断だけしてもらうといいでしょう)



補足ですが、インフルエンザもウイルスであり風邪の仲間です

小さなお子様、高齢者、健康に不安がある方は別として

成人の方で健康な方なら同様の対処法で充分です



不安な方は病院に行ったときに

是非、お医者さんに訪ねてみてください

きっとお医者さんも同様の事を教えてくれると思います (^-^)

では何故、薬をくれるの?

という質問はちょっと脱線してしまいますので

またいつか機会があれば



それでは本日はこの辺で

皆さんも体内から強いキックボクサーになるために

薬から離れた健康習慣を試してみてくださいね♬



キッズキックボクシングの専門家

インストラクター☆渡辺



空メールでもらえる無料特典】PDF版

 

 

 

 

 

 

 

↑ をクリック空メール送信




イイネと思ったらクリックお願いします

 


キックボクシング ブログランキングへ


育児(習い事) ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

 



まだ誰も持っていないウェアで差をつけろ!

(スーパースター)SUPERSTAR ウォーマーシャツ [MEN'S] K2JE4732 09 ブラック×ゴールド L

新品価格
¥11,664から
(2014/12/13 14:26時点)


至高の魔娑斗モデル登場!

Champion/チャンピオン/TRAINING S-MODE WARM-UPS/シェルニットシャツ/CW1319/ブラック×ゴールド/CW1319KG

価格:7,076円
(2014/12/13 14:26時点)
感想(0件)