キッズのための秘密のキックボクシング特訓場

お子様に立ち技格闘技、キックボクシングなどを学ばせているお父さん、お母さんの為のお役立ちブログです!

お子様に格闘技習わせている保護者様のための学びのブログです!

キックボクサーに必須の応急処置・RISEの『ICING/アイシング』

こんにちワイバーン  \(`・e・´)/

翼竜ですねwww

キッズキックボクシングの専門家

インストラクターの渡辺です!



さて

本日は

昨日、連続更新記録(勝手にやってたw)をとだえさせてしまった懺悔に

今日慌てて2回分の投稿です(^-^;)

まぁ、自己満です!



昨夜は

キックボクサーに必要な

ケガ(受傷時)のケアとして

REST(安静)にすることの大切さを書きました!



運動中は

アドレナリンも出ていますし

運動をしていて 『楽しい』 という感情が勝っていて

『これくらい大丈夫』 となりやすいですが、

その小さな無理が

回復期間、リハビリーテーションに費やす時間を伸ばしてしまうんですよ?

ということを伝えましたね!



では

受傷時のREST(安静)の重要性が分かった後、

次にしなければならないこと

それは

【ICING/アイシング】です



つまり冷却ですね!

キックボクシングなどでは

打撲や打ち身の怪我が多いと思います

ケガをした際は

患部が炎症を起こして

腫れ、痛みを引き起こします

そこでアイシングなのです



受傷後のアイシングは

患部の腫れや痛みなどを抑えて

ダメージを最小限に抑える役目があります

ですから

怪我をした際に

アイシングをする、しない

では

回復にかかる時間が変わってくるのです!



だから

適当に放っておいて

次回の練習時に

『痛い、痛い』

と 怪我人になってるくらいなら

ちゃんとアイシングして

次の練習にはキッチリ万全の体制で臨みたいですよね?

ですから

受傷後のアイシングは重要なのです



アイシングの程度的には

冷やし始めてから

①ジリジリする

②焼けるように痛む

③ズキズキ痛む

④感覚がなくなる

という風に

30分くらいかけて感覚が変わっていきます!



怪我の程度によってはそれをあるていど繰り返してほしいですが

軽度の打撲であれば

まず30分!

しっかり冷やして頂ければ

やらないよりは断然イイ!!

ですね (^-^)



皆さんも次回からはしっかりと受傷ケアしてくださいね♪

それでは本日はこの辺で

キッズキックボクシングの専門家

インストラクター☆渡辺

 

キックボクサーのためのカラダづくり

GOLD'S GYM ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン バニラ風味 900g

新品価格
¥4,239から
(2014/11/10 00:27時点)

 

★★★★★
キックボクシングの○○が知りたいはコチラまで
 
 
 
★★★★★
空メールでもらえるキックボクシングの秘伝書


 

練習成果を台無しにしている習慣

トレーニング効果を爆発的に高める習慣

 
 
【正しいストレッチの方法すら知らないキックボクシングジムの現状】
 
え?って思うかもしれませんが本当の話です
 
100%とは言いませんが、大半以上だと思います
 
キックボクシングジムは、文字通りキックボクシングを教える所です
 
ですからカラダの仕組み、トレーニング理論について正しい知識を持ったトレーナーさんというのはかなり少ないのが現状です
 
多くのキックジムでは昔ながらの手法で指導が行われ
 
先代のコーチやトレーナーから伝えられてきた古い知識のまま指導している方が大変多いです
 
キックボクシングは身体を使って行う運動です
 
つまり、カラダの仕組みトレーニング理論とは切っても切り離せない関係にあります
 
それなのに、カラダの仕組みについては無知、トレーニング理論についても無知
 
「昔からこうやってきたんだ」 という理由だけで、なんの疑いもなく指導を続けている指導者が本当に多いのです
 
カラダの仕組み、トレーニング理論の研究の進歩は目覚ましいものがあります
 
もはや昨日の常識は今日の常識ではないのです
 
にも関わらずカラダの仕組みについて、トレーニング理論について
 
全くの無知な状態でキックボクシングを教えている指導者がいる
 
そして、そんな指導者に教わってしまっている
 
これで大丈夫でしょうか?
 
それで強くなれるのでしょうか?
 
答えはNOです

 
カラダの仕組みについての正しい知識、トレーニングにいての正しい知識、
 
トレーニング前や後の身体のケアの仕方、
 
そして練習やトレーニングによる身体発達のメカニズム
 
そういった知識が伴わなければ

例え技術は向上しても身体の発達が付いてこないので強くはなれません
 
それどころか故障の原因となります
 
キックボクシングのインストラクターとしてだけでなく
 
フィットネスのインストラクターとしても指導してきた人間だからこそ分かる
 
2つの観点から見た、「本当に強くなれるメソッド
 
 
 

練習成果を台無しにしている習慣

トレーニング効果を爆発的に高める習慣

 
 
 
1. そのストレッチ、大怪我しますよ?
2. 怪我予防・練習効果を倍増させる運動前習慣
3. 運動中のパフォーマンスを落とさない運動中習慣
4. 怪我予防・練習効果を激減させない運動後習慣
5. 運動キッズに一番大切な習慣とは,,,
 
 
秘伝書、希望者は右に空メール → コチラ
 
※空メールの件名に氏名、又はニックネームを入れて送信
 その後、データで返信されます





イイネと思ったらクリックお願いします

 


キックボクシング ブログランキングへ


育児(習い事) ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村