キッズのための秘密のキックボクシング特訓場

お子様に立ち技格闘技、キックボクシングなどを学ばせているお父さん、お母さんの為のお役立ちブログです!

お子様に格闘技習わせている保護者様のための学びのブログです!

超即効性のボディ攻撃!ソーラープレキサスブロー(鳩尾打ち)とは?


こんばんワンダー\(^0^)/

キッズキックボクシングの専門家

インストラクターの渡辺です



今夜もこんな時間の更新になってしまいましたが

頑張って更新していきます!

良かったら読んでくださいね(^-^)



先日

キックボクシングにおける

ボディブローの種類や、その効果性について書きましたね



ざっくりおさらいすると

ボディ打ちをすると

相手は《意識が下に下がる》《疲労により腕が重くなってくる》

という理由からガードが下がってきて顔面のガードが疎かになってくる



そして、肝臓や胃などの臓器には神経群が集中しているので

打撃を重ねれば、相手の体力を奪うことが出来、

更に打撃を重ねれば、臓器の機能不全を起こし、呼吸困難をも引き起こせる


なのでボディーブローは有効ですよ!

というところまでやりましたね



ですが

一つ問題点を挙げました

それは

ボディ打ちによる効果はコツコツと積み重ねることによって起き

一発二発の攻撃では、よほどの実力差がなければ

なかなか大きなダメージは与えにくいですよ

ということでしたよね?



そこで今夜紹介するのは

『ソーラープレキサスブロー(鳩尾打ち)』

というボディブローです

ソーラープレキサスブローは鳩尾への打撃です

よくストマックブロー(胃への打撃)と混同されますが違います

※これは前回のブログにて説明しましたね



では、なぜ鳩尾への攻撃がオススメなのか?

それは超即効性のボディブローだからです

通常のボディブローと違い

ソーラープレキサスブローは鳩尾への打撃です

 

f:id:hand-to-hand-combat:20141104235854p:plain



鳩尾の内部背中側には

腹腔神経叢(ふくくうしんけいそう)という神経叢があります

そして、この腹腔神経叢には多数の交感神経が通っており

痛覚が非常に鋭敏なのです



更に

鳩尾には

呼吸運動に重要な大切な筋肉、横隔膜があります

ですから、ここに打撃を受けると横隔膜の動きが止まり

瞬間的な呼吸困難に陥ります



鳩尾打ちによる打撃に高い即効性があるというのは

この腹腔神経叢と横隔膜

この2つの重要な弱点にダメージを与えるからこそ起きる効果なのですね



今までなんとなーく行っていたボディブローの効果の秘密がわかってきましたか?

こういった裏付けが分かることで、よりそこを狙おう!

という気にもなるんですよね(^-^)

実際、ジムでフルスパーリングをやる人ってそう多くはないですし

でも、そうしないとボディでダウンを取る経験も少ないですからね

そうすると余計ボディって狙わなくなりやすいんですよね

だからこうやって効果が理論づけてわかるといいと思います



ちょっと長くなってしまいましたが本日はこのへんで

みなさんまた明日にお会いしましょう!

ではでは

キッズキックボクシングの専門家

インストラクター☆渡辺

★★★★★
キックボクシングの○○が知りたいはコチラまで
 
 
 
★★★★★
空メールでもらえるキックボクシングの秘伝書


 

練習成果を台無しにしている習慣

トレーニング効果を爆発的に高める習慣

 
 
【正しいストレッチの方法すら知らないキックボクシングジムの現状】
 
え?って思うかもしれませんが本当の話です
 
100%とは言いませんが、大半以上だと思います
 
キックボクシングジムは、文字通りキックボクシングを教える所です
 
ですからカラダの仕組み、トレーニング理論について正しい知識を持ったトレーナーさんというのはかなり少ないのが現状です
 
多くのキックジムでは昔ながらの手法で指導が行われ
 
先代のコーチやトレーナーから伝えられてきた古い知識のまま指導している方が大変多いです
 
キックボクシングは身体を使って行う運動です
 
つまり、カラダの仕組みトレーニング理論とは切っても切り離せない関係にあります
 
それなのに、カラダの仕組みについては無知、トレーニング理論についても無知
 
「昔からこうやってきたんだ」 という理由だけで、なんの疑いもなく指導を続けている指導者が本当に多いのです
 
カラダの仕組み、トレーニング理論の研究の進歩は目覚ましいものがあります
 
もはや昨日の常識は今日の常識ではないのです
 
にも関わらずカラダの仕組みについて、トレーニング理論について
 
全くの無知な状態でキックボクシングを教えている指導者がいる
 
そして、そんな指導者に教わってしまっている
 
これで大丈夫でしょうか?
 
それで強くなれるのでしょうか?
 
答えはNOです

 
カラダの仕組みについての正しい知識、トレーニングにいての正しい知識、
 
トレーニング前や後の身体のケアの仕方、
 
そして練習やトレーニングによる身体発達のメカニズム
 
そういった知識が伴わなければ

例え技術は向上しても身体の発達が付いてこないので強くはなれません
 
それどころか故障の原因となります
 
キックボクシングのインストラクターとしてだけでなく
 
フィットネスのインストラクターとしても指導してきた人間だからこそ分かる
 
2つの観点から見た、「本当に強くなれるメソッド
 
 
 

練習成果を台無しにしている習慣

トレーニング効果を爆発的に高める習慣

 
 
 
1. そのストレッチ、大怪我しますよ?
2. 怪我予防・練習効果を倍増させる運動前習慣
3. 運動中のパフォーマンスを落とさない運動中習慣
4. 怪我予防・練習効果を激減させない運動後習慣
5. 運動キッズに一番大切な習慣とは,,,
 
 
秘伝書、希望者は右に空メール → コチラ
 
※空メールの件名に氏名、又はニックネームを入れて送信
 その後、データで返信されます





イイネと思ったらクリックお願いします

 


キックボクシング ブログランキングへ


育児(習い事) ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村