キッズのための秘密のキックボクシング特訓場

お子様に立ち技格闘技、キックボクシングなどを学ばせているお父さん、お母さんの為のお役立ちブログです!

お子様に格闘技習わせている保護者様のための学びのブログです!

前蹴りが上手く蹴れない3つの原因


こんにちワールドカップ (`・ω・´)キリリ

キッズキックボクシングの専門家

インストラクターの渡辺です



みなさん台風は大丈夫でしたか??

私が住んでいる関東地域はすかしっ屁的存在でしたw

まぁ良かったです!!

ブログを読んでくださっている皆様の所も何事もなければいいのですが♪



さて、本日は昨日の続き

というより番外編です

いわばスピンオフですね(笑)



昨日は、スパーリングや試合の時

こちらのペースを無視してガンガン突っ込んでくる相手に対しては

前蹴りをしっかり合わせて勢いを遮断しましょう!


そうすれば相手は入りにくくなってきます!

と書きましたね



しかし

ブログを読んでくださっている方の中にはこんな方もいるのではないでしょうか?

「そもそも前蹴りが上手く蹴れない」

「蹴ってもバランスを崩してしまう」

「相手の勢いに押されてコッチが下がってしまう」


などなど、前蹴りが上手く使いこなせてない方

PCの前で挙手 (`・ω・´)/

ハイ

2万人いましたね

ということで

本日は、前蹴りが上手く蹴れない方の為の記事を書いていきたいと思います



そもそも、なぜ上手く前蹴りが蹴れないのでしょうか?

理由はいくつかありますが

今日は大きく3つのタイプに分けて紹介したいと思います

①柔軟性が低い

②バランス感覚が低い

③コーディネーション能力(調整力)が低い

の3タイプです

(細かく言えばもっともっとあるんですけどねw)



まず①の柔軟性

これは誰でも予想がつくポイントですね

しかし

じゃあどこの柔軟性を上げればいいの?

と聞かれると正確に把握できていない人は多いんです

蹴りの柔軟性と聞くと

下半身の筋肉

特に、腿の裏側、腿の内側、ふくらはぎ、などを重点的にされている方が多いと思います

それはそれで間違いではないのですが

上手な前蹴りを蹴るためにはそれだけでは足らないのです

では、他にどこの筋肉を意識しなければならないのか?



ポイントは

腸腰筋四頭筋です

筋肉になじみのない方だと

「え?どこ?」ってなると思いますが

ざっくりいうと

腸腰筋 = ももの付け根あたり

大腿四頭筋 = ももの前部

です



蹴りの柔軟性というと

どうしても開脚によるストレッチや股割りなどを重点的にされている人が多いです

しかし

こと前蹴りに関してはそれだけでは足りません

前述した腸腰筋大腿四頭筋の柔軟性も欠かせないのです

ちょっとイメージがつかないと思うので

画像を見ていただきましょう!

f:id:hand-to-hand-combat:20141014165233j:plain

 

 

 

f:id:hand-to-hand-combat:20141014165235j:plain

 


ちょっとマーカーが汚いですがw

黄色部分が腸腰筋

緑部分が大腿四頭筋です

ちょっと "だいたい" ですがご勘弁ください

(・ω・)





さて

なんとなくマークされた部分が伸びているのは分かりますか?

前蹴りの際は

この腸腰筋大腿四頭筋に大変な負担がかかるのです



ですから

下肢の背面や内側ばかりストレッチしていても

この腸腰筋大腿四頭筋の柔軟性が低いと

良い前蹴りが打てないのですね



これが

上手く前蹴りが蹴れない要因の①です

ちなみに腸腰筋の伸ばすストレッチにはこんなものがあります

f:id:hand-to-hand-combat:20141014165237j:plain



いかがでしたか?

「あー俺前蹴り下手くそだわー」

という人は是非試してみてくださいね♪

長くなってしまったので本日はこの辺にしておきましょう

続きの②はまた明日!!

ハバナイスデイ (^-^)ノシ

キッズキックボクシングの専門家

インストラクター☆渡辺


★★★★★
キックボクシングの○○が知りたいはコチラまで
 
 
 
★★★★★
空メールでもらえるキックボクシングの秘伝書


 

練習成果を台無しにしている習慣

トレーニング効果を爆発的に高める習慣

 

【正しいストレッチの方法すら知らないキックボクシングジムの現状】
 
え?って思うかもしれませんが本当の話です
 
100%とは言いませんが、大半以上だと思います
 
キックボクシングジムは、文字通りキックボクシングを教える所です
 
ですからカラダの仕組み、トレーニング理論について正しい知識を持ったトレーナーさんというのはかなり少ないのが現状です
 
多くのキックジムでは昔ながらの手法で指導が行われ
 
先代のコーチやトレーナーから伝えられてきた古い知識のまま指導している方が大変多いです
 
キックボクシングは身体を使って行う運動です
 
つまり、カラダの仕組みトレーニング理論とは切っても切り離せない関係にあります
 
それなのに、カラダの仕組みについては無知、トレーニング理論についても無知
 
「昔からこうやってきたんだ」 という理由だけで、なんの疑いもなく指導を続けている指導者が本当に多いのです
 
カラダの仕組み、トレーニング理論の研究の進歩は目覚ましいものがあります
 
もはや昨日の常識は今日の常識ではないのです
 
にも関わらずカラダの仕組みについて、トレーニング理論について
 
全くの無知な状態でキックボクシングを教えている指導者がいる
 
そして、そんな指導者に教わってしまっている
 
これで大丈夫でしょうか?
 
それで強くなれるのでしょうか?
 
答えはNOです

 
カラダの仕組みについての正しい知識、トレーニングにいての正しい知識、
 
トレーニング前や後の身体のケアの仕方、
 
そして練習やトレーニングによる身体発達のメカニズム
 
そういった知識が伴わなければ

例え技術は向上しても身体の発達が付いてこないので強くはなれません
 
それどころか故障の原因となります
 
キックボクシングのインストラクターとしてだけでなく
 
フィットネスのインストラクターとしても指導してきた人間だからこそ分かる
 
2つの観点から見た、「本当に強くなれるメソッド
 
 
 

練習成果を台無しにしている習慣

トレーニング効果を爆発的に高める習慣

 
 
 
1. そのストレッチ、大怪我しますよ?
2. 怪我予防・練習効果を倍増させる運動前習慣
3. 運動中のパフォーマンスを落とさない運動中習慣
4. 怪我予防・練習効果を激減させない運動後習慣
5. 運動キッズに一番大切な習慣とは,,,
 
 
秘伝書、希望者は右に空メール → コチラ
 
※空メールの件名に氏名、又はニックネームを入れて送信
 その後、データで返信されます





イイネと思ったらクリックお願いします

 


キックボクシング ブログランキングへ


育児(習い事) ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村