キッズのための秘密のキックボクシング特訓場

お子様に立ち技格闘技、キックボクシングなどを学ばせているお父さん、お母さんの為のお役立ちブログです!

お子様に格闘技習わせている保護者様のための学びのブログです!

ムエタイとの違いって? その②

こんにちは

キッズキックボクシングの専門家

インストラクターの渡辺です



第八回目となる今回は前回の続き
 
「キックボクシングとムエタイの違い その②」です。


 
前回、キックボクシングとムエタイでは重要視される攻撃が違う、
 
というところまで書きました。
 
キックボクシングでは比較的どの攻撃も平均的にポイントになる
 
ムエタイではミドルキック、膝蹴り、首相撲からの膝蹴り崩しなどが大きなポイントとなり、
 
逆にパンチやローキックはポイントになりにくいと、、、
 
今回は更にその違いをもっと深堀していきたいと思います


 
まずはミドルキックの扱いについてです。
 
日本のキックボクシングでも、ミドルキックは重要です。
 
しかし、キックボクシングとムエタイではミドルキックについて大きな見解の相違があります
 
それは、相手の腕部のガードの上から蹴ってもポイントになりにくいキックボクシング
 
相手の腕部のガードの上から蹴ってもポイントになるムエタイです。
 
ミドルキックで相手を蹴りに行った際、往々にして相手の腕に当たる事が多いです。
 
キックボクシングでは、これを「腕でガードした」と考えます。
 
逆にムエタイでは、これを「腕にダメージを与えて、ガード下げさせ、パンチ力を殺した」と考えます。



この考え方に大きな違いがあるので
 
キックボクシングでは パンチ>ミドルキック と見られることが多いです。
 
逆にムエタイでは ミドルキック>パンチ と解釈されます。
 
なので、日本で行われる興行などでは日本人選手とタイ人が試合をしている際同じ位手数は出ているのに
 
パンチを沢山出している日本人にポイントが入りやすく
 
ミドルキックを沢山出しているタイ人選手にはあまりポイントになっていないケースが多くみられます。
 
文化やルールの違いなので難しいですが、こういった事も頭にいれながら試合を観るともっとキックボクシングが楽しくなりますよね



それでは本日はこの辺で
 
キッズキックボクシングの専門家

インストラクターの渡辺です



↓↓↓
★キックボクシングの○○が知りたいはコチラまで★
raise.one.2012@gmail.com
 


【空メールでもらえるキックボクシングの秘伝書】

練習成果を台無しにしている習慣

トレーニング効果を爆発的に高める習慣



内容/
そのストレッチ方法は本当に合ってますか?
今まで常識だと思っていたその習慣を続けていると大きな怪我、故障の原因となりえます。
また、トレーニング前・中・後の習慣ひとつでアナタのお子様のトレーニング効果が台無しになるのか、それとも劇的に高まるのかが決まります。
キックボクシングで上達したい全ての方に送る秘伝の書です。

※空メールの件名に氏名、又はニックネームを入れて送信
 その後、データで送信されます

↓↓↓
メールは
コチラ
raise.one.2012@gmail.com